Select Page

logo_new

KOWLOON WALLED CITY / HAW PAR MANSION
九龍寨城 / 虎豹別墅

失われていた香港サブカルチャー

ついに、日本が誇る職人技術と香港の歴史あり他に類を見ないサブカルチャーのコラボレーションによる、時代を超えたファッションアイテムが生まれました。最も、世界のファッションを愛する人々に、知っていただき、且つ愛していただきたいアイテムです。

日本企業であるHOSU CO. の協力により、香港の失われた歴史的場所「Haw Par Mansion」 と、City of Darknessこと「九龍城砦」の刺繍を施したリバーシブルジャケットを作りました。

HOSU CO.と GrowthRing & Supply が質にこだわり抜いた本ジャケットは、100着限定となっております。

是非、この「香港スピリット」が込められたこのジャケットをあなたのお気に入りの一着に!

The Long-Lost Subculture of Hong Kong

We had been longing for a collaboration like this: bringing Japanese craftsmanship and Hong Kong’s historic yet unique sub-culture together, creating timeless fashion items for our own place. And more importantly, for all the fashion lovers around the world to know us more, and love us more.

Cooperating with the renowned unit from Japan, HOSU CO., we created this double-faced souvenir jacket, featuring two long-lost historical places of Hong Kong, which are stunningly embroidered on each side of the jacket: the glamorous Haw Par Mansion and “the city of darkness” –Kowloon Walled City.

The quality of the jackets is proudly ensured by HOSU CO. and GrowthRing & Supply, while the quantity is preciously limited to 100 pieces on earth.

Let the Hong Kong spirit tag along wherever you hit.

本記念ジャケットの誕生

日本ではスカジャンとして広く知られている「スーベニアジャケット」の誕生は、第2次世界大戦終結後にまで遡りします。アメリカの占領政策の実行当時、太平洋戦域に駐留していたアメリカ人兵士は、記念として和風のデザイン刺繍をジャケットの背中に入れてもらったのが始まりだと言われています。素材はレーヨンやシルクが混合されたものが多く、しばしば家族や友人へのプレゼントやお土産として、アメリカに持ち帰られていました。

The Roots of Souvenir Jackets

The origin of Souvenir Jackets, or Sukajan in Japanese, can be traced back to the time following the end of World War II. After the war was ended, American soldiers stationed in the Pacific Theater started getting traditional Japanese illustrations hand-stitched onto the backs of their jackets to commemorate their time in Japan. These jackets would often incorporate rayon and silk, and they were brought back to the United States as literal souvenirs and gifts for family members and close friends.